2018年10月14日

続2018秋野営会

沢の粘土を竈の火で焼いて作った土偶

名残惜しい1泊明けの最終日

秋の野営会2日目。

今回は1泊のみなので、今日が最終日となる。朝の火熾しは、珍しく早く起きた私が担当したが、雨は無かったものの、夜露の影響で少々難儀した。

湯を沸かし、シチューの追加野菜の下茹で等を済ませて、先に朝食を摂った。静かな山中の澄んだ空気のなかで寛げたが、今日のみなのが少々名残惜しい。

写真は、参加者らが竈の火で焼いて作った土偶作品。短時間の焼成ながら、今までになく硬く焼き締まっている。水晶採り場の粘土を利用したらしいが、その良質が左右したのか……。


湖南アルプスの稜線の奇岩向こうの湖東平野、琵琶湖、比叡山

下山は奇岩・絶景ルートで

午後1時過ぎに昼食後、少し休んでから片付けを始め、撤収した。

今回は来た道を辿らず。稜線伝いで街場まで近づき、下山することにした。山道の距離は長くなるが、当地「湖南アルプス」の名の由来でもある奇岩・絶景を楽しんでもらうことにしたのである。

写真は正にその景。稜線の奇岩と、その向こうの湖東平野と琵琶湖、そして比叡山を一望に収める。


湖南アルプスの急斜
下山といえ、途中山頂を踏むため、幾らかの登りがあった。その中には写真のような急斜や険しい場所も。ただ、命に関わるような場所はなく、初歩的な講習を兼ねることが出来た


湖南アルプスの岩床の沢
夕暮れ迫る湖南アルプスの岩床の沢

下山と共に夜の帳降りる

私以外は慣れぬ道の所為か、予想より時間がかかったが、周囲が見渡せる絶景の山頂等を経て、無事下山出来た。

そして、バス停に着く頃には夜の帳(とばり)も降りきったのである。

最後は日没の暗さで不慣れの参加者に不安を感じさせたが、まあ、これも経験のうち。忘れたヘッドライトの重みが身に染みたことであろう(笑)。

さて、その後は麓のバスや列車の乗り継ぎにも恵まれ速やかに帰還することが出来たのであった。

皆さん有難う、お疲れ様でした!

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会