2017年10月15日

秋菜製餅

手工「北海道名物,道産かぼちゃ」

先日到着の秋野菜を整理

先週、野営で家を留守にする直前に荷物が届いた。

馴染みの配送員氏が一度在宅を確認しに現れ、その後、重そうに持ってきたのが、大き目のその段ボール箱であった。送り元は北海道。中身は野菜であった。

妹の婚家が送ってくれた恒例の秋野菜の詰め合わせである。有難くも毎年頂いているが、今年は新じゃが2種と南瓜の3品が詰められていた。

野営からの帰宅後、馬鈴薯から徐々に使用していたが、落ち着いた今日、改めてその整理や南瓜の切り分け等を行ったのである。


上掲写真: 北海道から届けられた自家製の南瓜。底部が尖っているので、「ダークホース」という品種のものであろうか。


手工「北海道名物,道産じゃがいも,かぼちゃ」
仕分け中の道産秋野菜。丸い男爵芋は半分取り分けた後の残り。仕切りに入れられた新聞は勿論、北海道新聞で、栽培・発送者である義母の「お元気ですか」との書きつけがあった。「はい、元気です」と黙して返す(笑)


手工「いももち,芋餅,北海道名物,道産じゃがいも,いももちの生地」

さて、南瓜を切り分けて一先ず保存したあと、ちょっとした調理に入る。男爵芋を手にして、加熱した後、写真の如くボール内で潰してまとめる。

その際添加したのはバターと片栗粉(馬鈴薯澱粉)。さて、何が出来るのやら……。


手工「いももち,芋餅,北海道名物,道産じゃがいも,切り分けた、いももちの生地」

そして、次は写真の如く男爵芋の生地を棒状にして切り分ける。打ち粉がなくとも意外と貼りつかないが、かなり弾力があり、少々成形しづらい。


手工「いももち,芋餅,北海道名物,道産じゃがいも,いももちを焼く」
肥後細川家の家紋ではありません(笑)

その後、それを鉄板に並べて弱火でじっくり両面を焼き……。


手工「いももち,芋餅,北海道名物,道産じゃがいも,砂糖醤油を絡めて完成した、いももち」

香ばしい名物完成

もっちりと膨らめば、最後に砂糖醤油を絡めて出来上がり。

香ばしい醤油色で皿上に置かれたのは、北海道名物「いももち」であった。彼の地の、開拓時代からの保存食・おやつである。

昔、現地のラーメンに添えられていてその存在を知って以降、好物となっていた。そして、一度自分でも作ってみたいと思っていたのである。

今現地では、おやつとしての役割が重視されるのか、総じて生地にも砂糖が入れられ、タレもみたらし風だが、今回はおかず風に辛めにしてみた。

手前味噌ながら、作りたてということもあり美味い。たまにこちらでも市販品をみかけるが、弾力や香ばしさが違う。生地を冷凍して保存すればいつでも食べられるらしいので、次は多めに作って備えたいと思う。

とまれ実験は成功。お義母さん有難う!

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手工